柔道整復(ほねつぎ)ってどんな事に効くの?

「ほねつぎ」は国家資格として認定されている、日本の伝統医療に基づいて施術が行なわれる整復術です。国家資格で認定されている技術のため、健康保険、交通事故、労災が適応されます。
骨折、脱臼、捻挫、打撲などの怪我の処置から、突然の強い痛みを伴う各関節、腰、肩、首の治療にも有効で、スポーツ外傷や障害にも対応できます。急性(一度に大きな力が加わって発生する痛み)、亜急性(金属疲労に似たような損傷)に対しては保険適応も可能です。

それぞれの症状の原因は
① 使いすぎによる過負荷によるもの(over use
② 使い方の間違いによるもの(mis use
③ 普段使っていない部分に急に負荷がかかって起るもの(dis use
などが考えられ、例えば、首の痛みが実は腰のゆがみが原因など痛みの箇所以外が原因となることもあります。かえで接骨院では、急な痛みの処置はもちろんのこと、その痛みの根本原因を探り、施術をさせていただいております。

 

打撲の症状緩和

BEFORE

AFTER

打撲時、すぐにキネシオテープで処置しました。キネシオテーピングをして一日経過して除去すると、テーピングがされていたところは内出血が減少しているのがわかります。キネシオテープは打撲の症状にも効果があります。

 

打撲の症状緩和

①足首の捻挫

②微弱電流

③冷却超音波

④キネシオテープ

⑤ホワイトテープ

 
①足首の捻挫で受診されました。急性期(捻挫したて)で、足首は腫上がっています。
②まずは、治療促進効果がある、微弱電流を流します。
③さらに、消炎鎮痛効果のある超音波を流します。水の中でアイシングしながら行う事で、効果を上げます。
④微弱電流と冷却超音波で捻挫部分の熱をとり、治療促進効果のあるキネシオテープを貼ります。
⑤キネシオの上から、ホワイトテープで固定します。急性期の捻挫は特に固定する事が大原則です。

 

骨折の処置

①鎖骨の骨折

②クラビクルバンド固定

③三角巾固定

 

①鎖骨の骨折で受診されました。左側鎖骨部が腫上がっており、エコー検査の結果、骨折が見られました。
②骨折部分がずれていたのを整復(元に戻す操作)をしています。キネシオテープとバンド固定での治療となりました。写真の肩の部分のバンドはクラビクルバンドといって、鎖骨を広げ、骨折部分の安静保持をします。
③最後は三角巾を使い、固定を完了します。